義姉とお風呂に入って中出しセックス動画



動画詳細
他人行儀すぎて僕に敬語で話す兄貴の嫁さん…。 いつまでも距離が縮まらない気がしたので「義姉さんと仲良くなりたいんだ。そうだ!一緒に風呂に入ろう!」と言ってみた! すると意外なことにあっさり「はい」と色よい返事。 素直すぎる義姉さんに、ダメ元でセックスを持ちかけてみたら…これまたOK! 激烈ピストンで突きまくったら普段の敬語を忘れて「気持ちいい!!イク、イクーッ!!」を連発する兄嫁でありました。

僕にだけよそよそしい上品敬語の義姉と中出しSEX 桜ちずる


上品敬語の義姉と中出しSEX 桜ちずる


過激な体験告白

この間、偶然にも居酒屋でばったり出会ってしまった。 俺は友人たちと来ていて、義姉は職場の飲み会。 義姉が早く終わったようだが、帰りがけにこちらへ寄って 「帰るね」って言いに来たところ、酔った友人が引きとめた。

何故か座敷に上がってきて俺の隣に座って飲み始める。

飲んでる間、肩から二の腕にかけてのボディタッチや 限りなく股間に近い太ももへ手を置いていたりと、 勃起とまではいかないが俺の息子もムクムクと成長し始める。いわゆる半起ちだ。 ズボン越しではあるが、動いた拍子に軽く息子に指が触れたりしている。

会計の間、酔ったフリをして腕にしがみついてくる。 ムニュムニュとおっぱいを押し付けてくるため、俺の息子は下を向いたまま ズボンで抑えられてはいるがかなりの硬度へと変化をする。我慢汁が出ているのがわかる。 タクシーでは、友人一人が助手席に座り、後部座席に俺と義姉。 明らかに太ももではなく股間を中心に触ってくる。俺フル勃起。

友人を降ろすとタクシーの中で抱きついてきてキスをしてきた。 首を後ろへそらして軽い抵抗をするが俺の閉じている口に舌が入ってきて 歯は閉じているものの、俺の唇の裏側や歯を義姉の舌が這いまわる。 俺は酔っていることもあり、あっけなく陥落し受け入れてしまった。 本当は歩いて帰れることを知ってるが酔った振りをする義姉と 義姉を抱えるようにしてタクシーを降りる俺。

旦那単身赴任で子無の義姉宅マンションへと連れ帰る。 「ベッドまで連れてってぇ」 甘える義姉を抱っこして寝室へ入り、ベッドへ寝かせる。 「水飲んだ方がいいですよ」 まだ自制心の働いている俺は、キッチンへと水を取りに行き 心を落ち着かせてグラスに水を注ぎ寝室へ。

布団にくるまってモゾモゾしながら「○○くぅ〜ん、すきぃ〜」「やさしぃ〜」 甘えた声の義姉。グラスを差し出すと起き上がって座り、水を飲み始める。 布団がはだけ、下着の上にキャミソールだけの義姉。

「じゃあ、俺、帰りますよ」 「一緒にねんねしてくれないと眠れない」 駄々をこね、腕を引っ張り、抱きついて来た。 「じゃあ、眠るまでいますから寝て下さい」 諭すようにもう一度ベッドへ寝かせ、布団をかける。 俺はベッドの横に座り、布団の上から義姉の腹部あたりに手を置いていた。

俺を見つめる義姉。自然とキスしてしまった。 お互いの切なさを確かめるような長いディープキス。 俺の手は布団の中へと入り、おっぱいへの愛撫を早々に下半身へと移動する。 驚くほど愛液の溢れる義姉の秘部。 穴からクリトリスへと愛液をすくい上げるように撫でているとピチャピチャと音がする。 そのままクリトリスを撫でていると 「ダメ、いっちゃうよぉ」「いく、いくよぉ」 体を硬直させる義姉。

見つめ合い、もう一度長いディープキス。 キスをしながら指を入れた。 激しいピストンはせずに、ゆっくりと義姉の体内を掻きまわし、親指でクリトリスを刺激する。 「ダメ、またいっちゃう、○○くん、好きだよぉ」 今度は体をのけぞらせながら硬直させて果てた。

もう一度長いディープキスの後、「おやすみなさい」 そう言って部屋を出て帰路へとついた。 帰ってから激しく嫁をを抱いた32の夜。



盆休みは嫁両親に温泉旅行をプレゼントだ。 それで、なぜか両親のいない実家に俺が車を運転して帰省だ。嫁と義姉を乗せて。

家に帰るなり、嫁と義姉は開放モード。無理ないよな、実家だから。 二人共、早速シャワーを浴びてノーブラスパッツだ。この辺は姉妹だね。

でも、やっぱり俺の目は義姉ばっかり追ってしまってさ。 だって、Tシャツの胸に浮かぶオパイとポッチ。食い込むスパッツ、リアルマンスジ。 尻なんかクロッチがクッキリ食い込んで揺れてやがる。たまんないよ。 嫁もスタイル悪くない方だが、義姉のはエロい。すっげぇエロい。

わかると思うが、エビちゃんには色気感じないけど、秋山莉奈ってエロいだろ? あれと同じだよね。 嫁が台所で何かしてる間に、俺が義姉の世間話に付きあってたんだけど、やっぱエロすぎる。 向かい合って義姉が体育座りして俺に話しかけてくるんだけどさ。

股間のプックリにパンティが食い込んで、それがスパッツの上から丸わかり。 ほんと、たまらなくなってさ。ちょっと失礼、って言ってその場を立ったよ。 俺、台所に直行して、嫁にお前を見てたら欲情してきた、たまんねえ って嘘ついて、その場で手コキしてもらった。いつもより早く多く出してしまった。 何食わぬ顔してジュースを持って義姉のところに戻ったけど、やっぱり股間や胸をチラ見してしちゃうんだよ。

その夜も、寝る寸前まで義姉のエロい姿見せつけられて、ムチャクチャ欲情してさ。 義姉に聞こえるかもしんないのを承知で、義姉を思いながら嫁の体にむしゃぶりついてしまったよ。 嫁には悪いが、義姉の体を思うだけで、チンコに力がみなぎるのさ。わかるだろ? 嫁が寝ついてからも、義姉のエロい体を思うとまたチンコが制御不能になっちゃってさ。 義姉をネタにして抜こうと思ってトイレに起きたら、義姉と入れ違いだった。

おやすみ、って笑いかけられて、俺も愛想笑いを返したけど、すんでのところで押し倒しそうだった。 それをこらえて、トイレに入ったら義姉の匂いがした。紛れもない、義姉の小水の香り。 それを深く吸い込んで、ああ、おねえさん・・・っって思い浮かべながら義姉の体をフラッシュバックさせながら 無我夢中でコイた。さっき嫁で抜ききったはずなのに、まだ出るんだ。しかもたくさん出るのな。

そのまま義姉をネタに2回抜いて、やっと眠れたんだが、 翌朝早くに目が覚めて、朝シャワー借りようと風呂場に行ったら、 ちょうど義姉が脱いでたんだ。 俺、呆然として10秒ぐらい義姉の裸をガン見してたよ。 義姉も、辛うじて下は見えなかったけど、エロいオパイを隠そうともせずに 固まってた。

俺、「すみません、そんなつもりじゃなくって、不可抗力なんで」 慌てて後ろを向いたんだ。そしたら、義姉が笑って「いいよ、許したげる」 義姉の言葉に、騒がれるかと思ってた俺、大安心、小心者。

でも、いつも想像だけでズリネタにしてた、エロい実物を見ちゃったんだ。 チンコは正直だよな。思い切り勃起してたよ。このままだと収まりがつかないよね。

たった今見た義姉の裸をネタに抜こうと思って、トイレに行きかけたら、 「ちょっと待って、こっち向いて」って言われたんだ。それで素直に義姉に向き直った俺、従順。 そしたら今度は、一糸纏わぬ義姉がいた。いつも服の上から見てたオパイ。ポッチしてたチクビ。

パンティが食い込んでねじれてたプックリ。全部、目の前で裸になってる。 俺、唖然として「おねえさん、そんなの、ダメですよ、自分を大事にしてください」 そしたら、義姉が「私と話してるとき、よく途中でトイレに行ってたよね」だって。 やっぱり、全部バレてた。だって、ミエミエだったもんな。

「私のこと見て、これを想像してトイレで一人でしてたんでしょ?」その通りです、って 思ったら「私、あなたとなら、いいんだよ」と言いながら短パンの上から俺のチンコを 触ってきたんだ。 いやらしくさすりながら、俺の短パンとトランクスを降ろして、直接チンコを触られたっつーか、 手コキしてくれた。嫁の手コキの数倍気持ちよくて「あ、あ、あ、おねえさん、ダメですよ、 ああ、出る、出る」義姉に向かって思い切り射精したんだ。

そこで、なぜかもう一度目が覚めて、気づいたら夢精してた。 昨日あれだけ抜いたのに、夢精するなんて。 しかも、それを嫁に見つかって思いきりバカにされたよ。

しっかし、リアルな夢だった。しかも、寝起きの色っぽい義姉を見たら、 夢で見た裸を思い出してまたトイレに直行してしまったさ。



うちのカミさんの姉(つまり俺の義姉にあたるわけだが)は31才でバツイチ。結論からいうとこの人とヤっちゃいますた(*^ー゚)b

俺とカミさんと義姉の3人でうちでスキヤキパーティをしていたとき、カミさんは先に寝ちゃって俺と義姉の2人で酒を飲みながら話してた。彼女は風呂あがりで、タンクトップに七分丈の薄いパンツといういでたち。かなりフェロモンムンムン。

「あたしはもう結婚なんて無理ね、あったとしても後家の口くらいかしら」なんて言いだしたので、「そんなことないよ、俺なんて義姉さん見てるとドキドキするもん」「うそばっかり」「マジマジ、だって俺、今だって勃起してるし」

軽く流してくれるかと思ったけど、彼女は耳まで真っ赤にして俯いてしまう。その顏がまた色気たっぷりなもんで俺のティンコはホントに激しく勃起。こうなりゃままよって感じで「見る?」と言って、ズボンとパンツをズリ下げる俺。

「ホラ、嘘じゃないでしょ」 「わぁ、おっきい……」 まさかこんな展開になるとは思わなかったけど、義姉は嫌がるどころかウットリした目で見つめております。

「義姉さんに興奮しちゃったよ、触って欲しいな」すると彼女は手のひらで愚息を包み込みゆっくりシコシコを始めるんだよ。 「こんなに大きくして…嬉しい」そう言って今度は口の中に!ネッチョリとした舌が絡みついて、ウーたまらん!さすがは元人妻。

こうなったらあとはヤルこと一つ。彼女も裸にひんむいてご無沙汰気味のアソコをじっくり手マン&クンニ。ドロドロのマン汁で口の周りがベトベトになりました。

「ああぁうぅぅ、いいわぁ」俺の頭を押さえて腰をクネクネさせる義姉。 「入れてもいい?」 「いいわよ、早くきて!」

そのままソファの上で彼女を抱えて騎乗位でがっ〜たっい! 久々のせいか、彼女のアソコはメチャクチャ締まりがよくて、ぶっちゃけカミさんなんかより何倍も気持ちよかったです。義姉も狂ったように体をクネらせて喘ぎまくっていたよ。コンドー君は寝室にしかないので、ラストは口内射精でキメ! 

本音言うと中出ししたかったけどね。まあそれは次でいっか(笑)


義妹とセックス動画



[戻る]

フリペRANK
SMART-BBS