覗かれてるのにセックスを止めない人妻動画


他人のセックスを覗くほうも覗くほうだが、覗かれてるのにセックスを止めようとしない人妻のよっぽどだ! エッチしてるところを覗かれてさらに興奮する淫らな人妻たちのセックスシーンを集めた総集編が完成! 旦那に覗かれながら不倫男に抱かれる若妻、実の息子に覗かれながら夫に抱かれる義母、弟に覗かれながら義父に抱かれる兄嫁等々。 エッチすぎる人妻の本能むき出しセックスを覗き見る様々なシチュエーションを30通り収録! 『見ないでぇ…こ、腰が止まらないの!!』 覗かれている事を知ってか知らずか…快感からエッチを止められずにいる奥様たちの全30本番!

覗かれてもやめられない人妻のセックス



ユーザー投稿エッチ体験談


私が大学3年の出来事、隣の一人娘が嫁ぎ先から子供連れて帰省してた のだが、そのときの実話です。

私より11歳年上の人、T子姉ちゃんと呼んでいた。毎年正月と夏に帰省しに 来るが、その年の冬はまさか来てるとは知らなかった。

ウチの飼い猫が全然戻ってこないので隣との境の塀を越えて探してたら 隣宅の壁から光が一筋漏れてる。そこはもともと風呂の脱衣場から外に通じる扉が あったが洗濯機を置いてしまい使われない状態だった。(←小さい頃から遊びに行ってて詳しい)。 その扉と壁の隙間からつい覗いてしまった。僅かな隙間なのに中はよく見えるのは不思議だ。 いつもはおじさんおばさんしか住んでないし、おばさんはガリガリ体型なのですぐ分かるのに、 そのとき肉付きのいい女が見えた。風呂上りのT子姉ちゃんだった。いけないと思ったが目は釘づけ。

もう少し別の角度から見ようと塀に登り少し開いてる脱衣場のガラス戸から見下ろすかんじで観察開始。 3人出産しててもデブってないでイイ感じの肉付き、昔から肌がきれい。 子育てのせいで立派になった乳首。ゆっくり体を拭いてるおかげで私は見放題。 と思ったら、風呂場から旦那登場、焦った焦った。初め旦那も普通に体拭いていたのに T子姉ちゃんの尻をペチペチからかって叩く。

これだけで着替えておしまいだろうと思ってましたが 旦那が両手でT子姉ちゃんを後ろから抱きしめ腹を撫ではじめました。 その手を外そうとしても旦那なそのままオッパイ揉みだすし、乳首こねるしで T子姉ちゃんはとうとう旦那にしなだれかかってセックススタートです。

この二人、同い年でこのとき31,2歳。旦那はもと大学野球のピッチャーだったので 筋肉の締まった逞しい体、チンチンはこちらが気がつかない間に すでに垂直立ちしてた。ねっとりキスしたあと旦那がT子姉ちゃんの片足を上げさせ マンPをまさぐり開始。私はとっさに塀を下り、最初の隙間から覗いたら 案の定パックリ丸見えの角度だ。すると旦那はT子姉ちゃんを洗濯機に手を つかせ挿入。二人ともなるべく音を出したくないのか声も押し殺してる。 残念ながらT子姉ちゃんの顔は見えなかったが洗濯機をガッチリ抱えてる

腕は見える。旦那がゆっくり出し入れしていたのが早くなったので 私は再び塀の上から観察。終始バック体制のままで旦那はT子姉ちゃんの尻へ外出し して終了。旦那は部屋へ行き、T子姉ちゃんはまた風呂へ尻に発射された

ザーメンの処理へ。私は再び出てくるのを待ってまた体を拝ませてもらいました。 もう猫のことなんてどうでもよくなってました。



昨日夜中に勉強してたんだけど、気晴らしに一服しようとベランダに出たら、うちの隣の駐車場からなんだか人の声らしいものがする。

気になって駐車場の街灯を頼りにベランダから見下ろしてみると、なんとうちの庭の壁と駐車場の1BOXの車の間の陰でヤってるカップル発見!

うわ!見てぇ!とか思って階段を下りて静かに玄関から庭に廻りこんで駐車場側の壁に近づいた。 壁って言っても、うちの壁は所々上の部分だけアルミフェンスになってるから覗くのは楽勝! カップルのほぼ真横くらいの位置で壁のフェンスから覗くと、薄明かりの中に、おれと同じ歳くらいの男と、そいつに後ろからガンガン突かれてる中学生くらいの女の子がいた! 男の方は女の子のブラを上にずらして小さめの胸を揉みながら腰を振ってた。 女の子(結構可愛い子だった)は必死に声を押し殺してるみたいだったけど、たまに「うっ、うっ」とか「あっ!」とか声をもらしてた。

おれは興奮してきて、思わずスウェットのズボンとパンツを下ろして覗きながら高速オナニーしはじめた。 そのうち男の方が「うっ・・・やべっ」と言って女の子からちんこを引き抜いて発射した。多分向き的に1BOXの車にかかったっぽい。 女の子はおれの目の前のフェンスを掴んで荒い呼吸をしながらぐったり。 ・・・の刹那、高速ピストンのおれがエクスタシーに登りつめ発射!!!!

腹にくっつくくらいの勢いで勃起してたもんだからフェンス越しに女の子の顔面にドピュ!!・・・・ わけもわからず「きゃ〜〜!!」と女の子が叫んでスカート捲り上げたまま駐車場から逃げた! 男はズボンを上げてなかったからいきなり走って転ぶし、おれはびっくりして尻餅ついてケツを芝生の上にあったジョウロにヒット!

叫び声を聞いてうちからは親父とお袋、近所の人もなんだなんだと出てきて一騒動。 おれその隙に窓から居間に入って自分の部屋へダッシュした。

で、今朝予備校行く前飯食ってたら、お袋が「昨日、どうもここいらに痴漢が出たみたいよ」って言ってた。 家を出て駐車場と1BOXの車の間を見てみたら、パンツが落ちてた。 多分昨日の女の子のだと思う。 拾っといた。



学校が休みのある日、僕は朝から本屋で立ち読みをしていた 店の奥の方からダンボール箱を抱えた店員のお姉さんが出てくるのが見えた

漫画の新刊コーナーまで行くとダンボール箱を下ろし、荷を解き始めた 僕はすぐ近くの漫画コーナーまで行くと目の端でお姉さんの様子を眺める お姉さん本にビニールをかけながら高さ30cmあるかないか位の平棚に並べ始めた

お姉さんの顔が見たくて反対側に行った しゃがんで作業するお姉さんが見えた瞬間、僕は驚き固まってしまった 小さな腰掛けに座ったお姉さんはほとんど床に立て膝をついてしゃがんだ状態に近かった 薄い紺色のロングスカートの中にあるはずの両足は剥き出しになり、白く綺麗なな生足を晒していた そして少し開き気味になった太ももの間からは眩しい純白のパンティーがすっかり丸見えになってしまっていた スカートの前裾は膝の上辺りに、後ろ裾は腰掛けを隠すようにだらんと床に垂れている

お姉さんは自分のあられもない状態に全く気づく様子もなく仕事をしている 時折お姉さんが本を動かしたり体の向きを変えるても股間の純白パンティーはずっと見えたままだった 僕は漫画を読むふりをしてお姉さんのパンティーを目に焼き付けようと必死に凝視した ズボンの中の僕の股間は一気に膨張し固くなっていた 僕は新刊を手に取り、より近い距離でお姉さんの股間を凝視する お姉さんは澄ました顔で仕事を続けている、パンティーを晒したまま…

フロントのリボンやパンティーの裾の細かいフリルもはっきりわかる距離 股間は痛いほど勃起してしまっている 僕は意を決してポケットに手を突っ込み股間の先に触れた あっ… 布越しだが指がダイレクトに亀頭を刺激してしまい瞬間で僕は射精し始めた お姉さんの顔とパンティーを見比べながらドクンドクンとトランクスの中にどんどん精液が出される 結局その場で全て出してしまい、さすがに慌てた僕は急いで店を出た






[戻る]

全国募集板
RANK|LINK|ホムペ
SMART-BBS