胸揉み痴漢動画が最高すぎる



動画詳細
混雑した電車やバスの車内で巨乳の女の子を見たら思い切りその胸を揉んでみたいという衝動に駆られたことはありませんか?
あなたの欲望を現実のものにした動画がこれです。
満員バスでやたらと目立つ巨乳の女性。
身動きが取れないほど混雑した車内で痴漢男は背後からその超巨乳を揉みしだく。
おとなしい性格なのか強くは抵抗できない女性に対し、時間をかけてしつこく乳揉みを続ける。
すると感じてきた様子で徐々に抵抗が薄れていく。
そして“求めるつもりはないのに”腰は勝手にクネリだし悶え始め…。
マンコを濡らして拒めない巨乳ちゃんのマンコにチンポを挿入すると車内SEXに感じまくる。
Fカップ以上の被害者4名収録!

背後から長時間ねっとりと乳揉み痴漢され感じてしまった巨乳


満員バスで乳揉み痴漢され感じてしまった巨乳女2


激ヤバ体験告白

こないだ痴漢にあいましたぁ・・ あたしは風邪ひいてて熱もちょっとあったもんで、朝の満員電車はかなり辛かった ドア付近にいてドアにもたれかかってたあたしに異変・・ なんだか手をさわれれてる!!!

どうやら後ろにいる人が触っている模様。なんだかいやらしくソフトにさわって くる・・指の間や手の甲。気持ち悪いとは思いながらもあたしは熱が辛いのが先決 されてふりほどく気力もなし。 するとその人、今度はあたしのお尻に移動。

割れ目やお尻を触り、もみまくる。あたしの心臓はどきどきだけど小心だし 下向いて熱をこらえるぐらいしかできなかった。 気づくとスカートをめくりあげられ、パンツの上から触ってくる。 たまに太ももに移動し、内ももをせめられ感じてくる・・ あたしの秘部にも手を伸ばし、パンツの上からさわる。 自分でも濡れて、パンツがしめってしまってるのがよくわかった。 もう耐えられなくて声を出しそうになるがこらえまくった ほんとに必死だった

するとその人の手が離れた。少し安心したとおもったら、今度はあたしの 右腰あたりを触り彼の手が洋服の中に入ってくる。 あたしは背が小さいため、周りの人からあまり何されてるかわからないみたい。 彼の手はあたしのブラウスの中に手を入れ、少しずつ上昇しブラの上から あたしの胸を揉みまくる。

そのときには、あたしのお尻には、彼の固い物が押し付けられていた。 でもなぜかあたしは気持ちくてしかたなかった。 もっとずっとしてほしかった。欲求不満だったから・・・

もう熱もどうでもよくなっていた。

乳首もつままれたり、揉まれたりのくりかえし。 一瞬他の人に見えるんじゃないかとあせった。でも大丈夫みたい。 みんなが壁になっていた。 途中駅にはつくものの、反対側のドアがあき、彼は手をとめなかった。。 いやらしくてたまらなかった。 かれはあたしの秘部に手を戻し、またパンツの上から触ってくる。 もうあたしは感じまくりの連続。 するとなんとパンツの脇から指が進入してきた! 直接はほんとだめ・・

彼はあたしのアソコを円を描くようかのように触る。 もうあたしはとても濡れすぎていた どんな顔かもわからない人に、あたしの体を触られまくっている。 考えただけでもいやらしすぎる・・

もっとさわってほしかった。 彼はあたしの中に指を少し入れてきた。もうあたしのあそこはびちゃびちゃ。 たまらない。 もうドア脇の手すりを力強く握り締めて声をださないようにがんばりながら もうその気持ち良さに耐えられなかった。

もう少しで声がでちゃいそうな時・・ 丁度電車は駅に到着。 あたしが立ってる側のドアが開く事になり、下りる人がごったがえしてあた しも下りてしまったのであった。

ちょっと残念だったけど、あんな体験は初めて・・ 痴漢・・ちょっとよかった・・



おととい朝痴漢されました、それもかなり大胆に… 気持ちよかったなぁ

かなり混み合った車内でサラリーマンのお兄さんに向かい合って痴漢されました 最初は揺れに合わせて偶然ですというふうに股の辺りに指をすりつける程度でしが、わたしもすごくムラムラしてきたのでわざとすりつけるように腰を動かしていたらそのままスカートを捲り上げてパンツの上から触ってくれました この時のパンツは水色のフリルつきでした。既にパンツもぬるぬるになるくらい濡れていたのでかなり恥ずかしかったです…

ぬるぬるになっているのにお兄さんも気がついたのか右手でクリを弱く刺激、左手はお尻を撫でてという感じで段々大胆になっていきました 当然わたしも直に触って欲しくて腰を押し付けまくり。

その甲斐あってか、大きく揺れた時に右手の指をパンツに押し込んで直に触ってくれました。 あそこはもうぬるっぬるのびしょびしょ。ぬるぬるを指ですくい取るようにしてクリにこすりつけ、たくさんいじめてくれました。 本当は指も入れて欲しかったんですが、ここで下車駅に着いてしまったので後ろ髪を引かれながら下車しました あのお兄さんにまた痴漢してほしいな…

こんなに興奮したの久しぶりで、学校に着いてからトイレで続きしちゃいました。



満員電車に無理やり押し込まれたとき、男と向かい合わせに全身密着する体制になってしまった。 もみくちゃにされてバッグを落としそうになり、手は前をガードできていない。 胸を完全に押し付けて男の胸に顔を寄せる感じに。 夏場でお互いTシャツ一枚の薄着だったから、体温が伝わってくる。 多分上からだと谷間も見えてたと思う。

不可抗力だったけど、自分から密着しにいったみたいで、恥ずかしくて横に顔を背けていたら、 男が耳に息をふーっと吹き掛けてきた。 (イヤホンしてたから意味無かったけどw) 恥ずかしくて顔を見られなかったけど、わざと耳とか首筋に顔を近付けている気配。 多分耳が真っ赤だったと思う。

そんな中、電車が急ブレーキで止まって、車内の人がみんなガクッとよろけた。 男が自分の片足を、私の脚の間に無理やりガッと押し込んできて、 その振動で2・3回股関を打ち付けてきた。 私はびっくりして腰を後ろに引いたけど、追うみたいにぐっと前に来た。 わざとか、倒れないように踏ん張ったためかは分からないけど。 その後は下半身ががっちり密着しちゃった。

すぐに次の駅に着いて降りたからそこまで。 あのまましばらくくっついてたらどうなったんだろ…






[戻る]

フリペRANK
SMART-BBS