高熱でぐったりしてる女子高生とセックス動画



動画詳細
風邪をひいて熱っぽい女の子って妙に色っぽいですよね。
いつもの元気がなくてぐったりしてる様子もかわいらしく見える。普段はそんな気はおきないのにここぞとばかりにセックスしたくなっちゃう!
40℃近い高熱を出して苦しんでいる幼馴染の女子高生。
いつもは元気なJKが今日は息を荒げて苦しそうに悶えてる。
汗を拭いてあげたりしていると、なぜか興奮してきてしまった!
こんなに苦しんでいる幼馴染に手を出してしまっていいのだろうか…。でももう勃起しちゃったし自分の欲望のままにセックスしちゃえ。

40℃近い熱を出してぐったりしている幼馴染に手を出してしまった…


熱を出してぐったりしている幼馴染に手を出してしまった


激ヤバ体験告白

先日の話なんだけど、朝から熱っぽかったにも関わらず部下の仕事のチェックがあったので 無理して会社に行ったんだが、やはりしんどくて最低限の仕事をこなした後昼過ぎに早退した。

会社帰りに医者に行き、薬をもらいドラッグストアでポカリ等の病グッズを購入し再度電車に 乗り込んだ訳だが、時刻は16時30分学校帰りの学生やら暇そうな主婦やらで電車はぎゅうぎゅう詰めだった。 半分ぼーっとしながら人の波に押され電車に乗り込んだんだが気がつけば女子高生とかなり密着している。 俺のピーは女子高生の臀部にしっかりと密着し電車が揺れる度に微妙な刺激が加えられる。 「ヤバい」

勃起の気配を感じたので慌てて腰を引いたが朝の通勤ラッシュ以上に電車は混んでたので 思うように離れることができない。

どんどん血液は集まり、7分勃ちといったところか・・・ 次の駅についた時に体をずらそうと試みたんだが、女子高生は右手に持ってた鞄を左手に持ち替え右手を後ろに回し俺のピーを握る。

ゆっくりと上下に動かされた俺のピーがフル勃起するのにそれほど時間はかからなかった。 気持ちいいというよりは痴漢冤罪等のリスクが頭をよぎり、降車駅でもない次の駅で 「おっ おります」 と慌てながら声を出し、多少強引に回りの人を押しのけて外に出た。 勃起がおさまるまでコーヒーでも飲んでようと駅の近くのドトールに向かおうとしたその時 「お兄さん」

さっきの女の子に声をかけられた。 女の子は近づくなり股間に手を伸ばす。 「あっち行こ」

駅ビルの身障者用トイレに二人は向かう。 中に入るなり女の子からキスしてきた。 舌を絡めながら女の子の手が俺の下半身に伸びる。

スーツの上から優しくしごかれ、おさまりかけたピーは急ピッチで再起動を始める。 女子高生の濃厚なフェラを堪能した後、セクロス。 今までこんなエロい女とセクロスしたことはなかったってぐらいフェラもセクロスも良かった。



今朝の電車、横にJKが座り、膝の上に鞄、その上に教科書広げて勉強し出した。 何気なく教科書を見ると『生物T』、開いてるページの内容は「生殖と発生」…

実践で教えてあげたいなぁ…なんて妄想してたら、 程なく居眠りし出し、ラッキーなことに段々とこっちに傾いてきた。

ミニスカからこぼれ落ちる太腿が密着、胸が俺の肘に当たり、頭も肩にもたれかかる状態。 “「生殖」について考えてたJK”と密着してる状況にちょっと興奮w しばらくの後、彼女の学校の最寄りらしい駅に近付いて目を覚まし、 降りようと立ち上がるも、目の前に降りない人達が立ちふさがってる。

仕方なく立ってる人の壁と俺の足の間をすり抜けようとして、太腿を膝に 押し付けながら片足同士が通り過ぎた所で停車の衝撃で軽くバランスを崩し、 お互いの足が互い違いに相手の股ぐらに入り込み、更に横から押されて 彼女の両太腿で俺の太腿を挟み込む恰好に…至福の不可抗力でした☆ 電車に乗っていて次が降りる駅ということで扉の前に移動した。 携帯でメールをチェックするために尻のポケットから取り出す必要があり後方をチェックすると、 斜め後ろに一人分のスペース開けて女性がいるのを確認。

携帯を取り出しメールをチェックして尻のポケットに携帯をしまう時に振り上げた肘に「ポヨン」という感触。 「なんだ?」と思ったけど人には当たったと思い「すみません」と振り返りつつ謝ると、 斜め後ろにいたはずの女性がまるでマチコ先生のように胸を押さえて「OH!」て感じになってた。 女性が斜め後ろにいたので気を使って真後ろに肘が上がるように腕を回したのが仇になったようで、 いつの間にか真後ろに移動してた女性の胸を肘で下から持ち上げるようにしてしまったらしい。

直ぐに状況がわかったので慌てて「ごめんなさい!」と謝ったけどこっちは見なかった。 肘から伝わった感触ではなかなかの巨乳だったみたいだなぁ。



今日は最高だった。 可愛いjkに遭遇したから即座に乗り込み。 ポジションは横。

最初は股間太ももに押し付けて様子見。 やけにモジモジするからダメかと思ったら後ろのおっさんがすでに開始してた。 これはイケると思い俺も参戦。

いきなりパンツ越しにしてみたが、抵抗しないからエスカレート。 パンツの隙間から指でいじると目つぶって耐える感じ。

おっさんも俺が触ってるの気づいたが、お互いお構いなしに触りたい放題。 最後は少し指先いれてたが、流石に抵抗されたんでそこでやめた。 駅に着いて一緒に降りたんだがスカートに精液ぽいのが… 多分おっさんのw






[戻る]

フリペRANK
SMART-BBS