小学生のお風呂オナニー盗撮動画が最高すぎる



動画詳細
最近のおませな小学生女児はもうオナニーだって知ってるんだよね。
そんなJSが自慰行為に耽る場所といったら密室のお風呂なんです。
エッチな小学生の少女5人のお風呂オナニーの様子を盗撮。
「お風呂でいつも隠れてオナニーしてるんだよ。」
おまんこや小さな乳首を弄るとすごくエッチな気持ちになっちゃう…
こんなことママにはぜったい内緒だよ…

小学生ひみつの自画撮りお風呂でオナニー


小●生ひみつの自画撮りお風呂でオナニー


過激な体験告白

小学校6年生の時だったが隣の家の子をうちが預かることになった。

なんでも実家でなにかあったとのことで3日ほどうちに泊まることになった。

上が当時中1で下がクラスは違うが同級生だった。 姉妹だったんだが上がとても美人で下がどっちかというとあれだった。 夜は当然風呂ということになるわけだが自分の妹と同級生が一緒に入った。

理由は同級生の自分には裸が見られたくないということらしい。 で中1の美人のお姉さんとお風呂ということになったわけだが、小さい頃から 一緒に遊んでいたせいかまるで隠しあうということはなくて非常にフランクな 感じでお互いに裸になった記憶がある。

なんか結婚したみたいだよねーとか学校のみんなに知られたら恥ずかしいよねー とかそんな感じで一緒にお風呂に入りました。 体の洗いっこは当然したけどやはりマムコはNGでした。 「そこはいいよ、自分でやるから。したくなったら困るでしょ」といわれ 当時は??って感じでしたが今思い出すとおませさんだったんですね。 自分の体は普通に全部洗ってくれました。もちろんおちんちんもですけど。 でもおちんちんを洗うときに「気持ちいい?」と上目遣いでいたずらっぽく にやついた感じで聞いてきたな。

自分は「えー?べつにー?」なんてすっとぼけてたけど心臓がどきどきはした。 お姉さんは「ふーん。そう。気持ちよくないんだー」とちょっとつまらさなそうに 答えたけど気持ちいいと答えたら次はどんな答えが帰ってきたのかちょっと気になる。 お風呂には2日一緒に入ったけどそれが最初で最後でそれからはなかったです。

相変わらず仲はよくて憧れのお姉さんだったけど、自分が中3のとき彼女は高1で 駅で大学生くらいのイケメンと手をつないで歩いていたのを見たときはショックで3日間 寝込みました。



友達のアパートに行ったら、私との約束忘れてたらしく…家に居なくて、同棲している彼が居た。 しょっちゅう遊びに行ってるから、彼とも顔なじみ。

暇だし、2人でビールでも飲もうよって話になって、飲み比べしていたら珍しく酔っちゃって… ソファーでグターとしていたら、彼が上に乗って来て、キスしてきて…

服の上からおっぱい揉まれて… なんかすごい気持ち良くて、そしたら 「さなえちゃん、もう乳首たってるでしょ?」とか言って来るから「そんな事ないよ」って言ったけど「じゃあ、ブラ外して確かめるよ」ってブラはずされちゃって…

「さなえちゃんの可愛い乳首がビンビンに立ってるよ」って… それからは彼のなすがままに、乳首を吸われたり、噛まれたりしながら、パンティの中に手を入れて来て、いっぱい指マンされちゃって恥ずかしい位濡らされて…

彼は沢山誉めながら、言葉攻めのいじわるが上手で「さなえちゃんのオマンコもぅびっしょりだよ」とか「綺麗な苧マンコがいやらしく光ってるよ」とか言いながら、指でオマンコを広げて剥き出しになったクリトリスを擦ったり、ぐちゃぐちゃに指でかき回して来るから、頭が真っ白になっちゃって、夢中で腰を降っちゃった…

クンニも気持ち良くて、舌で攻めたりクリトリス吸われながら、乳首を指で激しく触られて、もう友達の彼だって事忘れて、「アハーン、入れて〜」って自分から言っちゃった(>_<)

騎乗位で下からグイグイと突き上げられて、すぐにイッちゃったけど、彼はまだ元気で、フェラでイカセテあげました 私には旦那がいるんだけど、彼とのセックスは忘れられなくて、これからも続けてしまいそう…



高校時代の友人の結婚式があり田舎に帰った。僕は親の反対を押しきって結婚したので両親とは断絶状態だ。

そういうわけで帰省しても実家には戻らず、結婚式の会場だったホテルに部屋をとって一泊した。 結婚式で昔クラスが同じだったS子に再会した。S子も同じホテルに泊まっているそうで、夜に二人で一杯やろうということになった。                                                 

             夜の8時ごろ、S子が俺の部屋のドアをノックした。 俺はどこかのバーで飲むつもりだったが、S子が「疲れたし昼間の料理でお腹いっぱい。部屋で軽く飲めればいいよ」というので、冷蔵庫の中のビールで乾杯した。

S子はパーティ用のドレスから、ラフな服に着替えていた。シャワーを浴びてきたようで、体からほのかに石鹸の匂いが漂ってきた。 S子は東京で結婚したものの1年で離婚したそうで、それが負い目で実家に戻りにくいらしかった。 話をしながら飲んでるうちにS子がノーブラなのに気がついた。白いシャツを透かして乳首がうっすら見え、否が応にもチラチラと視線がそこに行ってしまった。

それからS子が最近痴漢に遭ったという話になり、「私なんかを狙うなんて目が悪い痴漢だったのね」と言ったので、僕は「目がよかったんだよ。Sちゃん魅力的だもん」と言った。 するとS子が「ありがと」と色っぽい視線を向けて、「さっきから胸をチラチラ見てるでしょ?○○くんも私を襲いたい?」と聞いてきた。 無言でS子を見つめているとS子が目を閉じたので、僕は彼女の唇に唇を重ねた。彼女のやわらかな乳房をまさぐり、背中を優しく撫でた。 S子は僕の手を引いてベッドに行くと、僕のズボンを脱がせ、硬直したペニスに口づけしてから丁寧に舐め始めた。

僕も彼女の下半身を引き寄せ下着をはずした。69になって陰毛の中に潜む潤んだ器官を舌で攻撃した。 クリ、陰唇、アナルと順番になめていくと、興奮したS子が「ん、ん、うぅん」と呻きながら激しくペニスをしゃぶりたてた。

いまやS子の性器はグッショリと濡れて、僕に貫かれるのを待っている状態だ。キスをして互いの分泌液を交換しつつ合体した。

腰を進めるたびS子は「はぁん!」と声を出して、快感を満喫していた。長い交わりの果てにS子の中に精液を流し込むと、S子は尿道に残った汁まで口ですすり完璧に掃除してくれた。 その夜S子は僕の部屋に泊まり、翌日駅のホームでまた会う約束をしてそれぞれの家路についた。






[戻る]

フリペRANK
SMART-BBS