荒野の街ガンナーズヘブンvol.1
[1]主◆SMghuqXOCs
03/23 12:14
†状況†

書く|更新|検索|
返信数:97件

[98]フェイタル◆Jz/CpOAe/U
05/03 20:33

(だだっ広い荒野のただ中にあって、光と異彩を放ちまくると言ってもいい佇まい、異彩の元は木で作られた移動式のテナント店舗か。遥かアマツの書道家が使う毛筆という独特の書き味を体現する筆記具で黒い墨色に描かれた『台屋モンガ』という看板が貼り付けられた檜作りの頑強そうな屋台。同じ様に『いまう』と描かれたのれんと呼ばれる布型パーテーションをくぐれば店主と客が対面するカウンター形式の座席は僅か三席、にもかかわらず客席には誰も座っておらず、火にかけられた鍋の蓋がカタカタと鳴る音と吹き抜ける風の音だけが、この世界の果てまで広がっていそうな静寂の空間に感傷的に響いては消えて)

…ここはやっぱり寒いな、俺の見立ては間違っていない筈だが…
(客席側とは全くの反対側、白い調理師服に身を包んだ男が丸椅子に腰掛けて脚を組み、何度読まれたのか分からないほど皺だらけになった新聞を退屈そうに眺めていたが一際強い風が吹き抜けて白い調理帽が飛び掛けるのを押さえ、新聞を畳むと丸椅子の上へ置き、ほぼ外界との境界が無いに等しい外へ出て力一杯背伸びをして首を気だるげに左右へ擡げる。赤い布地に『肉厚なのにヘルシー』『噛んだ出汁の旨さ』などと記載されたのぼり旗を見渡して深いため息を漏らしてから分かり切っていながら今ひとつ方向性が違っていることに気付いている素振りの無い、きわめて自覚の薄い言葉を吐いて星空を見上げ)

【上げますのよ】

[97]アレキサンドラ◆hDZA1wYguU
05/01 16:54
「何故こんな事をするんだ!!」「お前達の言う犯罪者なんてこの村には居ない!」「何の権限があってやっている!」「横暴だ!!」「出ていけぇ!!」

…………………。

(僅か百人程度、荒野にぽつんとある寂れた村を取り囲む不穏な空気孕んだ重装騎兵は魂も宿らぬ機械の如く炎天下に焼け付き蜃気楼で揺らめいて、村人に無言の威圧で恐怖与え非難の声に応える事無く命令通り誰一人逃さぬよう完全包囲し)

……時間だ。

「…う、うぁあぁああ――――――――――――!!

(其を見下ろす小高い丘に停車させた大型戦車に退屈そうに腰掛けて掌の懐中時計が猶予であった一刻を過ぎた瞬間、無慈悲な執行合図でもって放つ一発の砲弾が村の上空で弾け真紅の液体が雨のように降り注ぐと双眼鏡覗きこみ、突如始まった「実験」に慌てふためき次々と倒れる人間を悉に観察していると、蟻の巣のように出るわ出るわ――オルゴラムを逃れ村に隠れ潜んでいたゲリラの集団。貧相な機銃で哀れささえ漂う抵抗にかける慈悲は初めから無く、村を包囲した重装騎兵達が展開する魔方陣幾何学模様描いて発動すれば最早誰一人生きる事叶わぬ地獄の始まり。僅か10分もかからなかった粛清の後静まり返った村に漸く入場し、最後まで子供を守ろうと抱えて死んだゲリラの女性の頭を爪先で小突いて)

……ふむ、品種改良の余地があるようだ…。

「第二部隊実験終了、兵力損害無し。」
(この日同時進行で二つの村が壊滅、しかしその顔に人に対する尊厳や憐れみ等微塵も無く部下の報告にただ頷いて最後に焼却命令を下し真っ青な空に不吉な黒煙立ち上らせて)

【もし私から動くのならば、すべて変えるのなら←】

[96]エリアル◆Jz/CpOAe/U
04/25 21:07
(さて、久々に予定もなかったし上げようかな…)

[95]アレキサンドラ◆hDZA1wYguU
03/16 15:30
>>94
【うむ、レス蹴りは許せ…。此方こそ、長い間に渡って相手感謝だ。ではまたな…。】

[94]ラファエル・ダ・シルバ◆OCg6HPNjco
03/16 07:51
>>93
………まぁ其は…いわゆる歴史が証明して来た事実、だな…。
…ほぉ……そんな装具が存在していたとはな…此は嬉しい誤算だ……分かった、輸入輸出経路は戦車と弾が指定数仕上がり次第共にそちらへ送らせてもらう…が、何故機密事項だ…情報の流出には気を配ってもらおう…。

…忙しそうだな…手間取らせて悪かった、地上迄の間は部下に同行させよう……宮殿を訪れた際には…よろしく頼む…。
(伏し目がちに相手に言葉を返すも相手の持つ得体の知れない神聖装具の力に自身も知らぬ装具があったとはと顎に手を添え微笑みながら呟き、相手の提示する条件を了承すれば忙しい様子の相手に一言添えた後に地上迄の間を二人の部下に同行させ)

【問題ないっす、って事でとりあえず締めましょう。
度々遅くなって申し訳ない、と…長々と付き合ってもらってありがとうございました!
またお願いします、お相手感謝+】

[93]アレキサンドラ◆hDZA1wYguU
03/16 00:51
>>92
病と飢餓と戦争だけは無くなりはしない…生物そのものが大地から消滅しない限り、命を飲み込んで何時の時代にも現れる…。
……ではその時までとっておくとしよう。

オルゴラムが生み出した浅ましい下卑た手品だ…。しかし我の神聖装具ならこのようなまやかしでは無く、本物の財と力を生み出せる…金の心配は無用だ。
――そうだな、先ずは島への輸出と輸入に使っている航路を全て包み隠さず示せ。ガンナーズヘブンの海域だけでいい…部下に伝えておけば後は上手くやる…後は追って伝える。
…取り敢えず本日はこれまでだ…生憎と片付けなければならない用がまだあるのでな。
(当初の目的を果たし、金色に変わった銃に驚くにはまだ早いと更なる技を秘め、条件に島近辺の使用航路の把握を告げてはやるべき事が多いのか切り上げようとし/他に用向きが無ければこの辺りでそろそろ終わろと思うがどうだ?)


[92]ラファエル・ダ・シルバ◆OCg6HPNjco
03/15 22:52
>>91
……後悔するかどうかは何れ分かる事だ、どう転ぼうが責任は俺に来る…其が自分の立場だ…。
…フフ…世界を掌の上で動かせる様になれば其等の死神と俺自身、どちらが有害だろうな…?……何れにしても近い内に宮殿を訪ねるさ、アンタとは色々と話がしたいんでね…。

………大した業だ…平凡な拳銃がさながら黄金銃に早変わりだな……問題ない、指定数直ぐに用意しよう…で、条件は?
(相手の言葉に不敵な笑みを浮かべながら一通りの言葉を返すと、投げ渡された黄金に輝く拳銃を眺めながら注文された製品は直ぐに指定数発注する様に伝えた後に相手の条件内容を問い掛け)

[91]アレキサンドラ◇hDZA1wYguU
03/15 21:28
>>90
…貴様は我に明かした事を後悔するだろう、その気があるなら何時でも宮殿を訪ねるがいい。

鋼の悪意を世界にばらまきたいのか、はたまた金目当てか…どちらにしても『戦争屋』なら先ず国へ売り込まねばつまらんだろう?
…別にオルゴラムとは言わん。インゴットでもアマツでも……国に取り入れば財力も情報も権力も“出来る事”が桁違いだ。
…現状に満足して飢える事を忘れなければな、何れ世界を裏から人形劇のように卓上で操れるようになる…。そうなればお前は最早人間ではない。疫病や飢餓と同じ死神の仲間入りだ――。

…ふむ……出来映えは悪くないようだな。戯れ言が過ぎた…忘れろ。
(足を止め向き直り饒舌に語る言葉は嘘とも思えず、良い笑顔を浮かべるものだと内心和みつつ木箱へ歩み寄り完成した拳銃手に取りくるりと手首回して、目を細め見定めながら一人言のように呟くと、その慧眼で見込めば王族とは思えぬ人の枠を越えた可能性を指し示し同時に拳銃がみるみる黄金に変わり、唖然と手を止める作業員達を尻目にふわりと投げ渡し)

…幾つか条件付きで邪魔はしない。ついでだ、そこの大型戦車と弾を期限内に指定数用意出来るか?良い値で買ってやる…。

[90]ラファエル・ダ・シルバ◆OCg6HPNjco
03/15 08:01
>>89
……面積は此の島の大半を占める、格納庫と言うよりは地底基地に近い造りだ…部品は各国より仕入れて此処で組み、製品は別経路を用いて世界中に流す………フフ…アンタはどこまで見えてるのか……オルゴラム国より最西端に位置する城を拠点にし、所属する人員の約8割が手練れの魔族で構成されたテロ組織『アマデウス』…其が俺の所属する組織だ…。
(急な来客は珍しい物では無いが今客人として迎えるには異例過ぎる相手に対して驚愕の表現浮かべる作業員達を横目に格納庫についての説明を紡いでいくも、自身の所属する組織について問われれば進む歩を止め軽く笑みを浮かべた後に相手に向き直りながら応え)

[89]アレキサンドラ◆hDZA1wYguU
03/15 00:47
>>88
ふむ…予想の範疇だ、が……フフ、これは明かせんな。
国が知れば接収は免れんだろう。…部品を他国から仕入れて此処で組み上げているのか?さぞかし良い組織が着かねば、このような砂しかない辺境の地に国の後ろ楯無くしてここまでの設備など作れまい。
ラファエル・ダ・シルバと言ったな……お前は何処の組織の人間だ?
(地上から離れ鉄と油の臭いが鼻につく格納庫へ足を踏み入れると、世話しなく動き回る作業員達は突如来訪した部外者の己をちらりと見てはまた驚いたように二度確認。それを微かに鼻で笑い気に止めず辺り見渡し、相手の後に続きながら観察すれば、武器の横流し程度ではすまない規模に涼しげな笑み浮かべて訊ね)


前へ次へ
/10

書く|更新|検索|

スレッド一覧

全国募集板
RANK|LINK|ホムペ
SMART-BBS