最高の性快楽とは永続するエロ禁のこと
[1]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 04:49
体内に充満し続けるリビドーが幸福感へと至る

|||
レス数:14件 [ >>1から読む ]


[15]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 14:00
姿かたちを持たない、自分にとっての唯一の女性と常に一つ。幸福感と言うかたちでしか彼女を認識出来ない。
寿命が尽きるまでこの平穏は続く…


[14]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 13:55
性欲を終わらせた男の元にしか至福と言う名の女神はやって来ない。
これが、古代エジプト人の言っていた『聖なる結婚ヒエロスガモス』

[13]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 13:49
体による性行為と精神による性行為が共に終わることによって性快楽は本来の状態へと至る

[12]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 13:47
性快楽の最大のデメリットは快楽時間が短すぎること。だから筋金入りの快楽主義者は上を目指す。もっと長い快楽、もっと強い快楽を求めて。薬を使った性快楽にすら満足しない、出来ない。
そしてとうとう見つける。唯一の答え、一切の性行為を人生から排除することを。

[11]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 13:38
インド神話最高の美女であるラクシュミは逢った全ての神々と悪魔から求婚された。しかし彼女が選んだのは唯一彼女に性欲を抱かなかった神ヴィシュヌ

[10]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 12:24
性欲に捕らわれていない男がするエロ禁はまったくの無意味。やるだけ時間の無駄。
性欲に捕らわれている男がするエロ禁に意味がある。魂の安定と言う至高の宝石が手に入るから。

[9]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 12:19
抑圧するエロ禁は失敗する
昇華させるエロ禁は成功する

[8]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 12:12
ユング心理学で長年理解出来なかった第4アニマがこれに当たるのかもしれない。
第1アニマ:性欲対象の女性
第2アニマ:恋愛対象の女性
第3アニマ:信仰対象の女性
第4アニマ:男の魂と完全融合して無形象化した女性

[7]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 11:36
相思相愛の男女が一つ結ばれて満足するように、エロ禁成就者は自分自身に満足する。
まるでギリシャ神話の両性具有の原初の人類アンドロギュノスのように。

[6]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 11:35
確立したエロ禁による精神の安心感・安定感は、共に理想の相手と困難の末にようやく結ばれた夫婦の精神状態に似ているのかもしれない。

[5]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 10:57
エロ禁が定まると今まで心の内外をふらふら浮遊していた意識は体内感覚に居座るようになる。
自分の体・身体感覚と言う世界の中心から外の世界や内界を眺めるようになる。
浮わついた性格から落ち着いた性格へと変化する。

[4]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 05:01
恋愛感情と下品な欲情も両立しない。
だから魂の底から惚れた女性ではやましい空想はしない、と言うか出来ない。
100%純度混じりっ気無しのプラトニックラブ。
そしてプララブとエロ禁は両立可能。
しかしエロ禁が更に進むとプララブも自然に消える

[3]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 04:53
だから抜きまくっている男には生気が無い

[2]名無し@昆虫型異星人
2018/09/25 04:52
アクメの快楽は何を材料に造られるのか?
トキメキ、感動、精神の透明感などから

前へ次へ
/1

書く|更新|検索|

59HIT


最高の性快楽とは永続するエロ禁のこと

雑談板フォロワ板
フリペRANK
SMART-BBS