投票する>>投票数94
暇つぶ.Com/TOP-News板
GoogleYouTubeニコニコタグ

[最新から見る]|[最初から見る]

男女「交換ストーカー」? 互いの元交際相手らに嫌がらせ
[1]暇つぶnewsの時間です。
2013/11/28 23:10

 元交際相手の妹らに嫌がらせの手紙を送ったとして、ストーカー規制法違反容疑などで警視庁に逮捕された東京の男が、インターネットの闇サイトで知り合った大阪の女に、手紙を送りつけるストーカー行為を手伝わせていたことが捜査関係者への取材で分かった。

さらに男は、ストーカー行為を協力してもらう見返りとして、女の関係者に脅迫などの嫌がらせを行っていた疑いがあるという。


 警視庁は女を同法違反容疑で逮捕。

もともと面識がなかった二人が、互いの元交際相手らへの付きまとい行為に手を貸す「交換ストーカー行為」を行っていたとみられる。

また男は、ストーカー行為の相手の住所を割り出すのに、探偵も使っていたという。


 男は東京都東村山市恩多町四、パート社員青木一郎被告(43)=同法違反罪などで起訴。女は、大阪府内の二十代の歯科医師。


 捜査関係者によると二人は八〜十月、都内に住む青木被告の元交際相手の妹(42)とその長女(16)に、四回にわたり「メールをくれなければ、お子さんが困ることになる」などと書かれた文書や、ゴキブリの死骸が入った手紙を送るなどした疑いがある。手紙は女が、大阪や京都府内から、偽名で送っていた。


 青木被告は元交際相手と五月に別れた後、復縁を求めて付きまとった。元交際相手の相談を受けた警視庁は、シェルターに避難させて文書警告をした。


すると青木被告は探偵に依頼して妹の住所を割り出し、手紙の送り付けを始めた。


 手紙には、あたかも第三者が元交際相手の弱みを知っているような内容が書かれていたという。

青木被告は、元交際相手の居場所を妹から聞き出すため、闇サイトで知り合った女に投函(とうかん)を依頼したとみられる。

警視庁は、見返りに青木被告が行っていた女の関係者への嫌がらせ行為についても捜査を進めている。


24kb
[編集][削除][コピー]

書く|更新|検索|
返信数:0件


※まだ書き込みはありません。


前へ次へ
/1

書く|更新|検索|

今日:7/昨日:13/累計:963
★宣伝は宣伝板へ_(:3 」∠)_
通報する
スレッド一覧

全国募集板
RANK|LINK|ホムペ
SMART-BBS