隣のタイトスカート美尻若妻を寝取ってセックス動画
[1]寝取られた隣に引っ越してきた美尻若妻
ムチムチの尻をタイトスカートにねじ込んでパンツの線とかを浮き上がらせてる人妻っていやらしすぎますよね。
そんなケツを見た日には寝取ってハメてやろうという欲望がムラムラと湧き上がって当然です。
隣に引っ越してきた若妻が履いているピチピチのタイトスカートが眩しすぎる!
つい奥さんの尻に目が釘付けになってしまった僕は…。
いけないことと解っていても我慢できなくなって奥さんに手を出してしまうのだった…。
若妻も最初は嫌がっていたけど次第にチンポを受け入れてくれた。
亭主が留守中に繰り広げられる隣の奥さんとの卑猥な情事が淫らすぎる!
寝取られファンの方はぜひ!





[2]
俺の好きな妻の尻、ケツ側から入れてお○こするのが大好きで、後向かせて入れるのがたまらない喜びだ。
但し、ケツまんこではない。
妻は処女だったので、犬のを見た記憶からケツから入れるのが自然と思っていたようだ。
初夜の日からケツを上げさせて、唾をつけたカリ首でトバ口を撫でまわし、愛液で濡れたのを見てから、オマコの中にゆっくりと差し込んであげた。
妻が痛がったのも二、三回で、そのうちに慣れてきて、暗闇のなかで
「痛い?」「ううん、痛くない」、どうなんだよ」「知らないふふふ」、
次第に感じはじめたのが声でわかった。
こんな具合にして妻は変貌し、それからは連日連夜おまんこやりまくりまくった。
俺も、童貞で結婚したので女の体が嬉しくてたまらず、妻の中にチンポを出し入れし射精するときは気の遠くなる快感だった。
付き合ってるときに妻との交合を想像しながらマスかいていた時も気持よかったけれど、結婚後は妻の尻肉に包まれて擦りあわせて逝くときの快感は次元が違う。
そのうちに妻もよがり声を大きく洩らすようになり、手を下に伸ばしておクリをコチョコチョ弄りながら、抜ける寸前まで退いてまた挿しこんでやる。
うしろから尻を見ると白い臀部が紅潮し、チンポを吸い込むように蠢かしたと思うと、呻き声をあげ痙攣して果ててくれる。
それからは妻とおまんこするたびに妻に深くいかせられるやりかたを研究した。
うしろ櫓、裾野、締め小股、八重椿など無数にあり、妻のケツから攻めてやるのが無上の快楽で、妻の豊かな尻肉を抱く感触なしには俺の性生活は成り立たない。
それでいて、妻が少し身体を捩れば逝くときに口吸いも自由である。
今、結婚してから2年が経過したが、妻の腹の上に乗ろうなんて無礼なことは考えないし妻も求めない。
妻のお腹の上は誰にも乗せたりしない処女腹のままである。 これって、変かな?


更新|検索|
返信数:1件



書く
スレッド一覧

全国募集板
RANK|LINK|ホムペ
SMART-BBS