投票する>>投票数175オカルト
暇つぶ.Com/TOP-カテオカルト板
[最新から見る]|[最初から見る]

凍える冬の百
[1]オカルト名無しのつぶやき sp
2013/09/29 08:01

こわーい話を書いていくスレ
人為的、心霊的問わずどうぞ。

■2006年■

百物語 2ちゃんねる オカルト板
http://www.aoki.cc/maka_fushigi/100/

■2008年■

2ちゃんねるオカルト板
百物語弐〇〇八まとめ@ ウィキ
http://www39.atwiki.jp/hyakuwa08/m/pages/2.html?guid=on

■2009年■

百物語2009まとめ@2chオカルト板 @ウィキ
http://www40.atwiki.jp/okaitahyaku/m/list?guid=on

■2014年■

オカルト板百物語2014まとめ
http://m.100monogatari-occult2014.webnode.jp/


書く|更新|検索|
返信数:42オカルト

[40]オカルト名無しのつぶやき sp
2014/09/13 11:14
412 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/09/15 23:52

三年前の夏の話です。
ある週末の夜、私は知人から麻雀の誘いを受けました。

翌日何も予定がなかっでので、気軽に応じました。

知人宅は私鉄沿線にあり、駅から少し離れた所にありました。
私も数回しか訪れたことはなかったのですが、何とかなるだろうと、その時は思いました。

そこは世田谷です。
通りを隔てて町名が変わるような場所でした。

また深夜というともあり、辺りは見慣れぬ風景になっています。
携帯で知人に連絡を取り、番地を聞いたのですが、案の定迷ってしまいました。

狭い路地に入り込み、歩くこと数分、目の前に公団住宅らしき建物が現れました。
その入り口らしき場所に、住宅表示板が見えました。

私がその板の前に立ち、現在地を確認していると、何気に視線がそれました。
視界の端に黒い人影が………。



414 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/09/15 23:53

それは階段の踊り場から、地面を覗き込んでいます。
自分のいる所から百メートルほど離れていました(どうやら男らしい)。
 
しばらく目が離せずいると、なぜか背中に悪寒が走りました。
ここにいてはいけない。

そう感じた瞬間、それはこちらに顔を向けました。
私が駆け出すと、背後に足音が反響しました。

ぺたぺたという音に思わず振り返ると、それはかなりのスピードで階段を降りてきます。

(追われている)
本能的に感じました。

それを巻こうとして、細い路地を右往左往走りましたが、足音は近づく一方です。
そして、全くペースが乱れないのです。

逃げているという実感は、強い恐怖となり、まるで押しつぶされそうでした。
やっと街灯のある通りに出ると、突然女性の悲鳴がしました。

出くわした女性が、私の尋常でない様子に驚いたのかもしれません。
奇妙な話ですが、私はなぜか解放感を覚えました。

何者かの悪意を振り切ったという感じです。



415 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/09/15 23:54

コンビニ近くのバス停のベンチに腰掛け、動悸が治まるまで休みました。
気持ちが落ち着いて、知人に電話しました。

駅まで迎えに行くという話になり、私は電話を切らずに歩き出しました。
道のりを誘導して貰いながら、きた道を引き返していると、急に通話が途切れました。

辺りは人通りもない住宅地で、静寂に包まれています。
すぐに背後から、ぺたぺたという足音が聞こえてきました。

結局、その夜は知人宅へ行かずじまいでした。

たまたますぐにタクシーを拾うことができたので、迷わず帰ることにしました。
いきなり運転手さんに「運がよかったですね」と声をかけられました。

あまり深い意味はなさそうでしたが、その一言は胸に響きました。


Xx himatubu.com-Welcome to ghost town xX

[41]オカルト名無しのつぶやき sp
2014/09/13 11:15
従弟の話。

従弟が15歳で、北海道に旅行に行った時、札幌郊外のホテルの近くの森に出
かけたことがあったそうなんですよ、ひとりで。

で、1メートルくらいの崖の下を歩いていたら雪につまづいて転んだわけですよ。
そしたら「イシシシシ」って声が聞こえてきた。

んで、なんだ?って思って頭上を見たら、鹿が崖の上からこちらを見下ろして、歯を出し
て笑ってた、というんですね。

鹿はすぐに消えていったそうです。

話を聞いて、その鹿は絶対妖怪だ、と思ったんだけど、どうでしょうか?


Xx himatubu.com-Welcome to ghost town xX

[42]オカルト名無しのつぶやき sp
2014/09/13 11:21


中学の時部活の顧問から聞いた話なんですがこれはマヂでビビッたんで書きますね。

先生は大学時代ラグビーをやってたらしく一年生の初試合の遠征で高速を使って友人二人と帰ったそうです。

助手席に座った先生がボンヤリ外を眺めているとずぶ濡れで髪の長い女が歩いていたそうです。多少違和感を覚えたそうですが初試合で疲れていた為、気にせず友人にも言わなかったそうです。

都内まで入ると友人が腹が減ったと言うので牛丼屋に入ってしばらくダラダラして先生がふと外の交差点に目をやるとまた高速の女がずぶ濡れでたって居て、青信号とともに人混みに紛れてしまったそうです。

「こりゃ変だ」と思った先生は友人に説明しても信じてもらえず、ラグビーをしている男が恐いとも言えず、帰る事にしたそうです。

先生が家につくとまだ春先だと言うのに部屋が真夏の車の中のようにジメッとしたイヤな感じがしたそうです。

それから先生は自然と目が覚めてしまい、キーンッと言う耳鳴りとともに金縛りにかかってしまったそうです。

声も出せず、あたりを見回すとベットから鏡が見えて窓が映っていてその窓になんと髪がダラーンとさがった女の首が逆さまの状態で部屋を覗いていたそうです。

そこで先生は気を失って、気が付くと朝になっていたそうです。

後日大家に尋ねると、その部屋のお風呂場でリストカットで自殺した女の人がいたと言う事です。

以上です。
長くなってスマソ(-_ゞ


+++happy Halloween-torikkuoatori-to+++

[43]オカルト名無しのつぶやき sp
2014/09/17 09:47
578 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/02/23 00:12

姉から聞いた話。

その昔、姉は自分と彼氏、そして友達カップルと4人で夜中ドライブに行ったそうだ。
その友達カップルの彼氏というのはちょっと霊感の強い人で、よく霊を見ては涙を流すことがあったそうだ。

彼にとってはもう見慣れてるから、怖いとかそういうんじゃなくて、なんか意味もなく涙が出てしまうらしい。

で、ドライブ中に、その彼がツーと涙を流し始めた。
みんな、彼の霊感のことは知っているので「ああ、また見たんだな…」とだけ思っていた。



579 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/02/23 00:12

だが、どうもいつもと様子が違う。
彼は急に、「車を止めてくれ」と言ってきたのだ。

「どうしたんだよ?」と聞いても、とにかく止めてくれの一点張りで理由を説明しようとしない。

仕方ないので、路肩に車を寄せて停車し、彼に「これでいいのか?」と聞いた。
すると彼は、「これから俺が何を言っても、おまえら逃げないでくれるか?」と涙を流しながら言うのだ。



580 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/02/23 00:12

もちろん、友達同士の仲であるし、彼の様子を見ると「逃げる」なんて言えるわけもない。「大丈夫だ」「逃げないよ」と口々に言った。

すると彼は、じゃあ言うけど…と前置きをして、

俺 今 足首つかまれてるんだ

と言った。

いっせいに彼の足元を見ると、車の床の下から白い手が出て、彼の両足首をしっかりと握り締めている。

それを見た姉たちは、逃げないと言ったことも忘れ、恐怖のあまり全員叫び声をあげながら車を降りて逃げ出した。



581 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/02/23 00:13

そして車からしばらく離れたところまで走り、彼が降りてくるのを待ったが、いつまでたっても降りてくる様子がない。

彼のことも心配だったし、車なしで帰るわけにもいかない。
おそるおそる全員で車に戻ってみると、降りた姿も見ていないのに、彼の姿はなくなっていたそうだ。

その事件からはや10数年経つが、いまだ行方不明中である。


Xx himatubu.com-Welcome to ghost town xX

[44]権次郎 i
2015/11/02 06:51
(´_ゝ`)テレビCMでは気の早いクリスマス宣伝 百貨店はおせちコーナー設置中 冬だ

前へ次へ
/9

書く|更新|検索|

今日:2/昨日:1/累計:4780
★宣伝は宣伝板へ_(:3 」∠)_
通報する
スレッド一覧

全国募集板
RANK|LINK|ホムペ
SMART-BBS