アギトのキャラクター一覧
[1]主◇SMghuqXOCs
03/11 09:10
メイン:
アギト・ザ・ナイトハウンド
ソフィア・アルベイン
カイウス・フォン・スヴェンハイド

(雑談や審査の際は「主」として書き込みます)


サブ(味方):
アリシア・オルゴラム(春)
アルテナ・オルゴラム(春)
ヴァハムート(不明)
ティエンダ・クルス(夏/冬)
カタリナ・R・ホーエンハイム(冬)
神城 蒼馬(ニホン)
P−0

サブ(悪役):
ネフィリム・ザ・トリックスター
彩雲 神威
ティガー・ホワイト
ベルゼリオン

書く|更新|検索|
返信数:14件

[15]◆SMghuqXOCs
09/07 19:33
・イヴ(仮)

クロノブラウ
フレイルハンマー付きボールアックス「月蝕(つきばみ)グランギニョル」

[14]◆SMghuqXOCs
09/05 01:09
>>13
備考2:
VBジャケット二号機
「シンクレッド」

一号機「ヴァイス」を元に開発されたVBジャケットの初期ナンバー。名前の通り白いラインの走る真紅の外観が特徴。
後続するVBジャケットの武装開発の為に用意された実験機であり機体性能が犠牲になる事を前提した上でハードポイントを増設しており戦局に応じて用意された武装を使い分ける、もしくは一度に使用する事で高い火力を効果的に発揮する。

その存在はヴァイス同様、旧統一機構の時期から完成こそしていたもの一部の武装を使用するとノックバックでフレームに歪みが生じ最悪の場合、装着者ごとバラバラに吹き飛んでしまう欠陥が見つかり以後は細々とテスト運用されていた。
しかし統一機構が新たな体制を迎えてからは協力者ネフィリムによる人造人間の提供を受け、フレームから設計が練り直される事となり以降は人造人間を専属の装着者とする事で欠陥を克服している。

またコードネームと真紅のボディはその際に付けられたらものであり改修に関して機体は一回り小型化され女性らしい丸みを帯びたデザインとなっている。

一部の武装は一号機であるヴァイスと兼用が可能。基本的に量子化され機体内部に封入されている。


・超重量級機関砲"ヘヴィアームド・ガトリング"
初期に開発され倉庫入りしていた専用装備の一種。機体全長さえ上回る大型の機関砲で脇に抱えて装備する。持続的な反動に伴い火線が安定しないと言う欠陥を持っていたが改修後は安定して強大な火力を発揮している。主部装だが取り回しの悪さは致命的で基本的に中〜遠距離仕様。


[13]◇SMghuqXOCs
09/05 00:20
名前:アシュリー・ロックハート
性別:女性
年齢:半年(肉体年齢は十代後半)
備考:
"A"計画によって生み出された人造人間(ホムンクルス)であり統一機構が正式に認可した最初の成功例。VBジャケット二号機「シンクレッド」の装着者でもある。協力者ネフィリムによって提供された個体データを元にエレン・ユピテルの遺した強襲部隊のパーソナルデータが組み込まれており言わば強襲部隊の妹分に当たる。

人格面や素養と言った面ではやや問題が見られるものの教育者に恵まれた為か同時期に精製された個体の中では最もバランスの取れたステータスを持っており、先天的因子"抑圧された破壊衝動(イナーシャルキャンセラー)"の獲得に成功している。

統一機構製の人造人間に共通して生まれながらに組織への忠義心や人造人間としての強い誇りを刷り込まれているが、彼女の場合は彼女自身が培い磨き上げて来た戦闘能力や教育者との絆が強いバイタリティを構築している。

全体的に血の気が多く言動が荒々しい為、粗暴に見られる事が多いものの一方で自分の性格が女性らしくない事を気に掛ける等、キチンとした人間味を持ち合わせている。また子供らしい態度に反して知識や記憶力は悪くない。

長い銀髪を束ねるピンクのリボンは彼女のアイデンティティのひとつであり、前述の教育者の下を離れる際、卒業祝いとして受け取ったもの。

特殊能力:
"抑圧された破壊衝動(イナーシャルキャンセラー)"
触れた物体の慣性制御を行いノックバックによる負担を著しく低下させる能力。本来は防御用に考えられていたが効果範囲が極めて限定される為、このような効果に落ち着いている。

[12]◇SMghuqXOCs
08/05 05:06
名前:ソフィア・アルベイン
性別:女性
武装:
超純度銀飾礼銃
「ヴァルキリーブランド」
備考:
教会事件で失われた確認出来る数少ない生き残りでありアギト・ザ・ナイトハウンドの義理の妹。十年前に死亡したと思われたが協力者の後ろ盾を得る事でイオン・プリムスに成り代わり世の中を欺いてきた。
長い間、統一機構に匿われて保護されていた事もあり世間知らずで常識知らず。強い正義感で理想を求める姿は青く未熟で時に滑稽にさえ思えるが努力する事、立ち上がる事に掛けては一人前かそれ以上の心構えを持ち他人の為に屈託の無い助力を差し出せる心優しさを同時に兼ね備えている。
本人曰く「涙を流す事は決して悪い事じゃない」らしく"本領"を発揮する時は感情が高ぶり常に涙を浮かべてしまう独特の癖を持つ。

二丁拳銃に依るガン・カタに八極拳(らしきもの)を混成させたエイト・ビートと呼ばれる戦闘術を得意とする。

また余談だが本人も意識していない「絶対に〜」という口癖と人差し指に掛けたものを回転させる手癖を持っている。

[11]主◆SMghuqXOCs
05/21 21:10
名前:カイウス・フォン・スヴェンハイド
武器:銃紋刃・九尾
備考:
鋭い眼孔に穏和な雰囲気を共存させる不思議な魅力を持った青年。記憶を喪失しており手掛かりとして統一機構の衛士証とペンダントを身に着けているのだが衛士証には偽造の疑いがあり常人成らぬ高い戦闘能力を含め自身の過去に疑惑と嫌悪感を抱いている。
出身は不明だが微弱ながら様々な属性に干渉する魔術を操る力を持ち腰に下げた九つのギミックウェポン「銃紋刃・九尾」を操る。これはフレームと刃に魔力を伝達させる特殊な金属を使用しており術者が魔力を込める事で特定の属性を付加させる事が出来、銃(ワイヤーガン)、マチェット、折り畳み式ブレードに可変。更に組み合わせて大戦斧となる。

ハッキリとしないが父と母、姉が居た覚えがあり家事全般が得意。特に料理は関しては多義に渡るが中でもトマトを使ったヴァンレシア料理は絶品だとか。


[10]主◆SMghuqXOCs
05/21 02:00
名前:ラストゼグラス
全長:2m10cm
デザイン:
人型。顔面の横から二本のプレート状をしたアンテナが立っていて顔面は放熱時にマスクが上下に開閉し牙の様に見える。
足首が無く普段は鋭く尖った脚の裏と腰のスラスターを利用して地面に"浮いている"。また普段は収納したままだが引き出し可能な踵を持つ。
上半身は陣羽織の様な両肩の装甲を持ち関節ごとに細かくスライドして稼動する。
両腕に備えられたバックラーの裏に二本の刀がある。

武装:
高出力ジェネレーター
VAジャケットに搭載されているジェネレーター、及び各リアクターの強化発展仕様。動作を止め「チャージ」に専念する事で毎レス事にエネルギーのアイコンを1つ回復出来る。
リミッターを解除させる事で常にアイコンを10の状態に維持出来るがイベント限定。

高性能ナノマシン
VAジャケットに搭載されているナノマシンの強化発展仕様。ジェネレーター及び各リアクターに制限が掛けられており一度の交戦で消費可能なエネルギーの総量はアイコン10個分と決まっているものの1つ消費する事でメインフレームを除く部分的な装甲の修復。3つ消費する事でメインフレームを含む"装着者"込みの部分的な再生。5つ消費する事でメインフレームを除く全身の装甲の修復、カウンターナノマシンの起動。8つ消費する事でメインフレームを含む全身の再生が可能となる。

カウンターナノマシン
アイコンを5つ消費して黒いラストゼグラス"ヴァハムート"へと変身する。以降はチャージが一切不可能となるが戦闘能力が格段に上昇する。

スラストバインダー
背部に畳まれたスラスターを解放する事で飛行が可能。飛行中はアイコンを1つずつ消費する。

バルカン×2
頭部に搭載された迎撃用の小型機関砲。威力は低いが対人戦での攻撃力は充分にある。弾丸はナノマシンで構成され弾切れを起こすとアイコンを2つ消費して再構成が可能。

刀「ナノブレード]×2
両腕の下部に存在するウェポンプラットに装着された反り返りの少ない刀。本体同様にナノマシンで構築されており回数に制限はあるもののエネルギーを1つ消費して刃の再構成が可能。投擲も可能だが本体から離れるとナノマシンは制御を失いものの数分で塵と化す。

小型シールド×2
両腕部に搭載された小型のシールド。先端部はワイヤーによる有線式アンカーとなっており対象へ向けての射出や直接の打突で効果を発揮する。アイコンを2つ消費する事で腕部全体を含む左右どちらかのシールドが回復可能。

「メメント・モリ」
ラテン語で"死を記憶せよ"と言う格言を意味する強力なビーム兵器。これを使用する時、装着者はあらゆる意味でラストゼグラスを理解しなければならないと言う開発者のメッセージが込められている。
一度の射撃でアイコンを1。発射口にビームを収束させる事で常にアイコンを1つずつ。出力上昇による放射でアイコンを4つ消費する。最大出力で放てば街の区画を丸々消し飛ばすだけの威力を発揮するがアイコンを10消費する完全なイベント仕様。


備考:
VA-jacket
Highend-Massproduct
Unit-no.][LXG]

存在する筈の無い十番目のVAジャケット、オリジナルナンバー。硝子の聖杯と言う別称を持つ。
かつてはヴァハムートと呼ばれ常にカウンターナノマシン起動状態にあったが前任者が行方不明となり天月 剣へと移行した事でカウンターナノマシンを解除、本来の姿に戻っている。

従来のVAシリーズが安全性を重視しメインフレームにナノマシンを利用していなかった事に対し本機はメインフレームにもナノマシンを採用。戦闘中の自己修復及び装着者を含むメインフレームの自己再生が可能となっている。その反面、高いエネルギー総量を持ってしても稼動時間が非常に短く通常では十分間しか戦闘状態を維持出来ない。

反面、装着者の新陳代謝を継続させる事に限定すれば半永久的な稼動も可能で装着者は実質的な不老不死となるが、それは同時に定期的なラストゼグラスとのリンクをしなければ存続不可能な身体となる事を意味する。

[9]主◆SMghuqXOCs
05/09 23:00
名前:天月 剣
読み方:アマガツ ツルギ
性別:男性
年齢:16歳
備考:
私立御神楽中学三年生。
明るく性格で誰とでも親しくなれる一方、年相応に子供で幼稚。自分にとって興味の無い事には基本的に無頓着だが一度気持ちが籠もると高い集中力を発揮する"やれば出来る子"である。

自己顕示欲が強くガキ大将気質だったが災いして中学デビューに失敗、転じて虐める側から虐められる側となり人気者となったかつての親友に守られる屈辱の毎日を卑屈に、ポジティブに振る舞う事で三年間を堪え過ごす。その間、必死になって勉学に励み知り合いの居ない遠く離れた高校への受験に合格し晴れてイジメから解放されると思ったその矢先、卒業を手前にして学校の校舎ごと惑星クアドラへの転移に巻き込まれてしまう。

終わりの見えない避難生活とエスカレートするクラスメイトからのイジメに絶望し難民キャンプから単身脱走。その直後、反統一機構組織の無差別テロに巻き込まれ重傷を負い一度は死亡するが偶然にもその場に運ばれていたヴァハムートことラストゼグラスに新たな装着者として選定されナノマシンにより新たな命と身体を得る。

その後はナノマシンにより向上した身体能力を武器に、かつて自分を虐げたクラスメイト達を叩きのめし御神楽中学の"暴君"として再度君臨する。

[8]主◆SMghuqXOCs
05/06 15:57
・名前:ティエンダ・クルス
・二つ名:侵略!イカデビル、足掻く者の味方
・出身:インゴット
・年齢:不詳(外見は20代から30代だが亜人の血が流れている為、実際にはその二倍から三倍の年月を生きている。)
・性別:女性
・種族:海洋系亜人とインゴット人のハーフ
・所属:無所属
・武装:無し
・備考:
エンフィールドの下層区に数少ない自らの診療所を構える女医。正式な医師免許を持ち腕は確かだが統一機構が認可していない薬品や非合法な治療法を独自に導入し扱う患者も前科持ちや犯罪者を含んでいる為、下層区以外の住人以外からの評判は良くない。また相手を見て莫大な治療費を要求する事もあり悪徳医師と呼ばれる事も。
復讐者となったばかりのアギト・ザ・ナイトハウンドをよく知る人物でもあり彼に影響を与えた人物の一人で彼ほどではないが口が悪く基本的に自己中心的かつ自由奔放。その一方で面倒見が良く気さくでサバサバした姉御肌の人物でもある。

エンフィールドに流れ着く以前は科学者である父やギボルと共に"神の雷"に所属しており亜人と言うだけで母を殺した同郷の人間に復讐する為、生物兵器やバトルジャケットを開発していた。だが母の死の真相がギボルによる奸計だと知らされ同時に父を失った事を機に組織を脱走。実験の影響で衰弱した身体を推して医師としての活動に殉じる事を決意する。

インゴット人とのハーフと言う事もあり本来は魔術を使える身体ではないが前述の実験の影響で身体の表面に術印が刻まれており水や氷に関する簡単な魔術が使用できる。だが魔力を生成する器官が身体に備わっていない為、使用可能な回数に明確な制限があり失った魔力は自身が特殊な薬品から精製した棒付きキャンディーから接種する。
また母親の数少ない遺留品に遺されていた術式から"体内時計を加速させる"禁術を得ており非戦闘員と言う立場でありながら総合した戦闘能力は非常に高い。

優れた身体能力を駆使し白兵戦もこなせるが体力の問題で長時間の戦闘は不可能。両腕は商売道具である為か基本的に体術は足技をメインとする。
その他、普段は結わえているが後ろ髪の一部が十本の触手となっておりこれを伸ばして攻撃する事もある。



イメージCV:渡辺明乃

[7]主◆SMghuqXOCs
05/01 15:08
・名前:アルテナ・ヴラム(ルーナ)・オルゴラム
・二つ名:獅子の女王"リオンレーヌ"、塵界に巣くう悪魔
・出身:オルゴラム
・年齢:26歳
・性別:女性
・種族:人間
・所属:オルゴラム
・武装:
・備考:
現国王アリシア・オルゴラムの双子の妹でオルゴラムの大臣を務めている。アリシア程のカリスマ性は持たないものの優れた魔術師や軍師、政治家としての側面を持つ。特に魔術に関しては魔族をして魔族以上の実力を持つと言われ一線を退いても尚、多くの者が彼女を師事しようと城の門を叩く程。

一見して温厚で冷静沈着な淑女と思われがちだが、かつて精神的に不安定だった時期があり自ら魔力の質を向上させるべく密かに悪魔を信仰していた時期があり真名のミドルネーム"ヴラド"はその頃に上書きされたもの。(但しこれに関しては本人にとって恥ずべき過去であり公に出す事はまず無い。また現在は信仰とは完全に縁を切っている。)それ故に本来、人間が行使出来ない闇の魔術を操る事が出来、十年前のネフィリム事件では奸計とも言える非情な策略を取った事で魔族側に多大な損失を与えた事から"塵界に巣くう悪魔"として恐れられる事も。その一方で人間側の勝利に貢献し彼女無くして今のオルゴラムは有り得なかったとされ"獅子の女王(リオンレーヌ)"として賞賛されている。

常にあらゆる展開を予想し味方の被害を最小限に留め敵に最大限の損失を与える為には利用出来るものを全て利用する。そう言った事を前提とする為、理想や道徳を何よりも第一とする姉アリシアに制止される事も少なくないが互いの信頼関係は何よりも厚くアルテナに関してはアリシアに対する愛情(愛憎?)すら抱いている…らしい。

炎、水、風、大地などの四大元素を用いた魔術も平均以上の実力を持つがそれ以上に重力や暗黒物質等の"闇"に関わる魔術や傀儡を遠隔操作する魔術を得意とする。

魔術師として多くの弟子を持つがその殆どがかつての自身と同じく力に溺れるか戦いに巻き込まれて死亡している事に頭を悩ませていたが趣味で嗜んでいた占星術からオリジナルの魔術を生み出したクリスティーナには一目置いており彼女の助言に師として救われた事がある。その他、姉の友人としてレナ、同じ弟子を持つ魔術師としてカルアに信頼を寄せている。

親族であるベルフラウに対してはアリシアと違い厄介事を呼び込む火種として見ており彼女の失言に対しては無視を貫いている。

[6]主◆SMghuqXOCs
04/18 20:04
名前:P_02112_0903/HM
愛称:ピオ・クルス
年齢:ロールアウトしてから間は無い。
性別:不詳
武装:
「スタン・トンファー」
自身のデータファイルに保存されていた武装の一種でジャンク品を元に作られている。バックラーの肘辺りから棒を伸ばして使用する。感電効果があるが殺傷力は低く通常時は電圧も抑えられている為、戦闘用と言うよりも護身用としての意味合いが強い。

また元々装備していた銃火器は既に放棄されている。

備考:
コードネーム「P_02112_0903/HM」。ギルカディアで生産された機竜亜種。コードネームの英数字は2112番目に生産された903体目のヒューマノイドモデルを意味しており頭文字二つが愛称の元となっている。

全身白塗りで青白いライトを兼ねた二つの目を持つシンプルなデザインをしており身長も子供程しかないが主に対人戦を目的として設計されている為、優れた剛性を武器に集団で襲い掛かって来る場合、十分な脅威となる。

この個体は戦闘プログラムをインストールした際のバグで偶発的に自我を持ってしまい地上へ降り立った後、次々と破壊されていく同型機を見て錯乱し戦闘の混乱に乗じて逃げ出した所をティエンダ・クルスに保護された。
その際、破損した部分や武装をクアドラ製のジャンクパーツで補っている。

「壊される」事を怖れる余りに「壊す」事に対しても敏感になり非好戦的。ギルカディア出身と言う事もあり人々から後ろ指を差されるうちにあくまでも戦闘兵器でしかない自分自身に激しい自己嫌悪に陥るが戦闘用でありながら自我を持って生まれた意味を探す為、エンフィールドを徘徊している。


イメージCV:
釘宮理恵

前へ次へ
/2

書く|更新|検索|

スレッド一覧

全国募集板
RANK|LINK|ホムペ
SMART-BBS