投票する>>投票数51
暇つぶ.Com/TOP-泣けるコピペ板
[最新から見る]|[最初から見る]

ニートの一生
[1]名無しさんのつぶやき sp
2014/10/04 07:06
0〜20代:毎日ネトゲや2ちゃんをしながら、このまま一生が過ごせたらいいななどと夢想しつつ、
      自由を謳歌した気ままな生活を送る。2ちゃんでは、身の程をわきまえず、
      団塊世代やマスコミを槍玉に挙げて、高尚な議論をぶって得意になってみたりもする。


20〜30代:やがて親は定年で退職するも、家計を養うために老体に鞭打ちパートに出る。
       いつか変わってくれると信じて。
       しかし親心も分らぬ身勝手な人間であるので、相も変わらず2ちゃんやネトゲに埋没。
       それどころか親不孝にも、2ちゃんで一生このまま過ごすんだとか豪語する。

30〜40代:無理が祟り、突然父親が倒れる。そしてガンの宣告。
       ようやく今後に漠然とした不安を抱く。
       入院費用は高額で、実家の金銭的余裕は徐々に失われていく。
       ある時、死後の自分の生活について、
       父親が心配していると母から聞き、涙する。しかしもはや社会復帰などできない。
       父親の葬儀では親戚一同から白い目で見られてることに気づき、
       居たたまれなくなり実家を飛び出す。

40代〜 :行くあてもなく数日で家に戻って来るが、
       母親に会わせる顔もなく、ついに完全に部屋に引き篭もる。
       いつしか母親も年を取り、毎日寝たきりとなる。
       しかし介護もせずに放置する。母はうわ言の様に、
       もはや生まれる可能性もない孫の顔を早く見たいと話すが、それを聞く度に憎しみを覚える。
       母親の医療費と生活費で貯蓄も消え、修繕費も払えなくなった実家は、もはや廃屋同然。
       何十年も前の型のPCで繋がっているネットで、無残な現実から逃避する。

50代〜 :母親は遠い昔にこの世を去った。
       今では電気も水道も動かない。この廃屋を売ろうかとも考えるが、
       売り方も分らず、売れるとも思えない。
       貯金はもうなく、最後の時が迫ってきているのを感じる。
       自分の人生は何だったのか。
       街を歩くと、自分と同年代の人が孫と散歩しているのを良く見掛ける。
       それに対して自分にはもう誰もいない、死んでも誰も気にしない。孤独と絶望。

終末  :死後数年経って発見。共同墓地で無縁仏となる

書く|更新|検索|
返信数:0件


※まだ書き込みはありません。


前へ次へ
/1

書く|更新|検索|

今日:7/昨日:7/累計:675
★宣伝は宣伝板へ_(:3 」∠)_
スレッド一覧

全国募集板
RANK|LINK|ホムペ
SMART-BBS