冬の国「インゴット」資料館
[1]主◆SMghuqXOCs
03/01 12:43
此処では主に冬の国「インゴット」に属する情報を纏めて記載します。

国家&大陸概要>>2

書く|更新|検索|
返信数:9件

[10]インゴット機甲師団『レイヴンズ』
04/05 13:36
・インゴット機甲師団『レイヴンズ』

四季同盟締結後に設立されたインゴット王家直属の機甲師団。治安維持や暴徒鎮圧の役割を担っており有事の際には新インゴット都市群の中央ドーム内に建つレイヴンズベースから国内各所に点在する転送ポートへと転送された後、現場に向けて急行する。
部隊名の『レイヴン』とはワタリガラスの英語名で、事件が起こる度に国内の至る所へ派遣されていく様から隊員達が自身等の事を"レイヴン(ワタリガラス)のようだ"と冗談めいて話す内に語感の良さからか何時しか其れが浸透し、機甲師団員を指す単語として広く用いられるようになっただけでなく部隊名としても定着する事となった。

各レイヴンにはC〜特Aまでのランクが存在し、事件の危険性に併せたランクのレイヴンが派遣される仕組みとなっている。また、Aランク以上のレイヴンは高位魔術師と単独で渡り合う戦闘力を有しているとされており、現師団長であるゼオンを始めとした5人の特A級レイヴンは『レイヴンズオフィサー』とも称され一騎当千の実力を持つと共に他のレイヴンへの指揮権を有している他インゴット王家の宮殿深部にまで足を踏み入れる事が許されている文字通り特別な存在である。

[9]オリジナルガイノイド
04/05 13:25
・オリジナルガイノイド

百年以上の昔、機竜の巣で発見された三体のガイノイド。当時のインゴットに取って彼女達はオーバーテクノロジーの塊であり中枢部のブラックボックスこそ解析出来なかったもののその身体から齎された様々な技術はアンドロイド、ガイノイドのみ成らずインゴットの発展に多大な影響を与える事となった。

彼女等を保有するアークライト社が行った稼動実験の際、二号機が暴走。研究施設に多大な被害を与えた後に逃亡し現在も行方不明となっている。残る一号機と三号機も暴走を危惧しそのまま封印される事となった。

しかし神の雷との取引材料として三号機が譲渡され現在は一号機だけがその存在を確認されている。


[8]セルジュ・アークライト
04/05 13:24
・セルジュ・アークライト
アークライト・インダストリアルカンパニー現社長の息子。幼くして勢力争いに巻き込まれインゴットから遠く離れたオルゴラムの修道院に引き取られる。アルテナを姉の様に慕っていたが当時オルゴラムで暗躍していたネフィリムに引き取られ彼の下、剣士として実力を開花させる。
その後、ネフィリム事変にも参加するがアルテナの説得でオルゴラム側へ寝返り勝利に大きく貢献。オルゴラム王都奪還後はエンフィールドへ渡り以後消息不明となる。その素性が明らかとなったのは実に消息不明になってから数年が経過した後だった。

[7]アークライト・インダストリアル・カンパニー
04/05 13:22
・アークライト・インダストリアル・カンパニー

インゴットに古くから存在する企業のひとつ。インゴットの軍事産業の大部分を占めており近年では日常雑貨や食品、薬品、一般向けの情報機材など幅広く事業を拡大しつつある。今やインゴット並びに惑星クアドラの近代文明を支える上で無くては成らぬ大企業だがその一方で不明瞭な部分も多くその存在を疑問視する物も少なくない。


[6]魔導合金
04/05 13:20
・魔導合金
至極普通の鉄に素粒子レベルで術式を組み込み其の耐久性を向上させた特殊合金であり、魔力への耐性も高くオリハルコンに準ずる硬度を有している。
また、素粒子レベルで組み込まれた術式が魔導スフィアより供給される高出力の魔導エネルギーに反応する事で合金の強度を向上させ、時には防御系神聖装具にも匹敵した堅牢さを発揮する場合もあるが魔導スフィア自体が不安定な動力システムである為に魔導合金も同じく不安定で確実性のないものとされ機甲人という存在と共に歴史の闇に消えてしまっているのが現状である。

[5]魔導スフィア
04/05 13:19
・魔導スフィア
正六面体をした拳大の結晶体で其の全面に施された術式によりスフィア内に封じ込めた人間の命を媒体に超高出力の魔導エネルギーを供給する機甲人の動力システムである。
魔術や法術といった特別な力を有する数千人もの人間が封じ込められた魔導スフィアの総魔力量は計測不可能な程であるものの出力に多大なバラつきがある事と製造過程に於ける非人道的な諸行に批難が集中した為其の製造方法は現在不明となっている。


[4]機甲人
04/05 13:13
・機甲人
機甲人とは既存のサイボーグや生物兵器とは異なり科学技術と魔術の双方を複合させて製造されたマシン兵器であり、歴史の闇に葬られた一人のマッドサイエンティストと大戦当時インゴットに身を置いていたと言われる一人の魔術師によって生み出されし二つの超技術一一『魔導スフィア』と『魔導合金』一一を用いて四季戦争後期に開発された禁断の兵器である。


[3]アンドロイド・ガイノイド・サイボーグ
04/05 13:11
・アンドロイド&ガイノイド/サイボーグ
冬の国で生産された人型兵器。外観は人間と大凡変わらないものの身体が機械で構成されており全てにおいてあらゆる生命体を超越したステータスと耐久力を誇る。

アンドロイドは男性、ガイノイドは女性を意味する。またこれらの技術を応用し身体を機械で改造した人間の事をサイボーグと呼ぶ。



[2]主◆SMghuqXOCs
03/04 12:22
・冬の国「インゴット」
他の国の数世紀先を行く高度な文明と機械技術を持った北国、それがインゴットである。
大陸は巨大な山岳帯を境に二つに分かれておりその殆どが雪と氷に埋もれた極寒の地である。北東に位置するインゴット主要区は鉄壁の居城と呼ばれ多くの軍事施設を持ち同時にインゴットの政治の中核を担う。主要区からやや南西に大きく広がった複数のドームで構成されているものは新インゴット都市群と呼ばれドームの中には近未来的な街並みが広がっている。

新インゴット都市群から北西へ進んだ大陸の四割は山岳地帯が殆どを締めており幻竜や数多くの機竜が徘徊している為、未開の土地として未だに探索が及んでいない。

山岳地帯を超えた南側は比較的温暖な気候をしており幾つかの村や街、港が存在する。

鋼鉄国家を自称するだけはあり強力な火器のみ成らず量産された機械兵士、生体兵器の類により他国よりも秀でた強大な軍事力を誇る。この国の出身者の殆どが機械技術の扱いに長けており彼等の持つ豊富な知識力が無ければ使いこなせない武器も多いがそれと引き換えなのか魔術に関する力を持った者は例外を除き基本的に存在していない。

極寒の地に位置するが故に資源に乏しく過去の戦争では頻繁に他国への侵略行為を繰り広げていた為同盟締結後の現在に至っても他国との交流は懐疑的で閉鎖的。その反面、決して多くはないものの自分達の持つ技術を人々の役に立てようと率先して他国との交流に乗り出す者も居る。

前へ次へ
/1

書く|更新|検索|

スレッド一覧

全国募集板
RANK|LINK|ホムペ
SMART-BBS