秋の国アマツvol.1
[1]主◆SMghuqXOCs
03/23 09:41
†状況†

書く|更新|検索|
返信数:211件

[213]宮代祀◆5eMN8sHsbY
12/07 03:38
(久しぶりに絡みたいし上げとこ)

[212]美作 うらら◆iS5iEb9lyg
06/20 20:41
(たまには絡んでおかないと勘が鈍るからにゃあ。こっちでもあげてみましょうかね。)

[211]まふゆ◆iS5iEb9lyg
05/20 19:59
>>210
(お疲れ様でした+お相手ありがとうございました〜+)

[210]紅 ソルネ◆hDZA1wYguU
05/20 03:11
>>209
(逃げ行く相手に一斉に無表情で走りだし追いかける大群は恐ろしい光景であるが、左右に巨大な仏像を配した町の門を潜り抜けるとピタリとその足は止まり、敷地内から出ようとはせずただただ暗い山道へ出てしまったまふゆを見つめながらぽつぽつと人形達は消えていき最後に門が軋む音立て閉まってしまい)

(それではお疲れさまでした。)

[209]まふゆ◆iS5iEb9lyg
05/19 20:30
>>208
くっ…これ以上付き合ってはいられませんね…最後にわからないことが増えましたが…これで失礼しますよ


(際限なく襲い掛かってくる人形達を作業のように切断し続けるも、まだ癒えきっていない傷が僅かに開き、鋭い痛みに表情を歪め、この街の謎を残したまま撤退することに歯噛みしながらも、冷静に退き時と判断し、前方へ炎弾を放って進路を確保し、街から出ようと駆けて行き)


(了解しました〜+)

[208]紅 ソルネ◆hDZA1wYguU
05/19 19:53
>>207
(切り捨てられた人形を乗り越え人形達は輪を狭めて包囲し、まだまだ分厚い人垣を築いてたった一人の相手に策も何も無い、ただただ我先にと突撃を再度繰り返し)

(別に構いませんよ。そろそろ町から逃げて頂いて締めたいのですが以下がでしょう?)

[207]まふゆ◆iS5iEb9lyg
05/17 20:02
>>206
…一体一体は大したことはない…でもこれは…なるほど…非常に厄介ですね…


(次々と襲い掛かる人形達を一体、二体と斬り捨て、一体ずつの戦力はそこまで大したことはないものの、まずこちらと違って傷付くことも恐れず、疲労することのなく無感情に襲い掛かってくる人形達と、その絶対数はあまりに脅威であり、それに対してこちらは体力に限界があり、何より手負いの状態ではこの数を相手にいつまで戦えるかもわからず、この状況が想像以上に深刻なことと悟り、汗が一筋頬を伝い)


(また遅くなってしまってごめんなさい;)

[206]紅 ソルネ◆hDZA1wYguU
05/14 23:02
>>205
(人間にしか見えない人形は切断されれば中からワイヤーや歯車を散らして地に倒れるも動く両腕だけで蜘蛛のように這って動き、恐怖も疲れも痛みも無い数で勝る暴力でもって次々に四方八方からまふゆ目掛け容赦なく突撃繰り返しだし)

[205]まふゆ◆iS5iEb9lyg
05/14 02:23
>>204
これは…いったいどういうことですか…何が何だか…ちっ…

…やはりそう簡単には逃がしてくれないということですか…


(視界に入る全ての人が人形という空想染みてすらある光景に驚きを禁じえぬも、曲がりなりにも統一機構の一部署の長を任されている実力は伊達ではなく、深手を負って万全の状態とは言えない身体ではあるものの、紫炎を両手に纏わせると襲い掛かってきた人形を胴体部分で水平に切断し、構えを維持したまま忌々しそうに呟き)


[204]紅 ソルネ◆hDZA1wYguU
05/14 00:23
>>203
(一切が停止した風景で、唯一光に誘われた蛾がフラフラとまふゆ見つめる観客の一人の眼に止まるがマネキンのように瞬き一つしない。それはまるで人形のようにというより人形そのもの。怪しい出店の店主も、客と腕組む遊女も、酒瓶を持ち飲んだくれていた大男も、観客からこっそり財布を盗んだ子供も、祭り囃子の演奏者も、まふゆの視界に入る全ての人物はよく見れば精巧で精密に出来たからくり人形。街の人間に化けていたというより、街そのものが人形の街。急に温度を失って規則正しく列を成すとまふゆ目掛け全ての人形達は一斉に襲い掛かり)

前へ次へ
/22

書く|更新|検索|

スレッド一覧

全国募集板
RANK|LINK|ホムペ
SMART-BBS